それでも僕は競馬新聞を選ぶ

競馬予想とは切っても切れない仲の競馬新聞。普段から競馬新聞を購入しているあなたは、どんな理由で同じ新聞を買い続けているのでしょうか?まだ競馬新聞を購入した経験のないあなたは、どんな理由で競馬新聞を選べば良いのでしょうか?一見するとすべて同じように見える競馬新聞を詳しく知ることで、あなたの予想スタイルに最適な一紙が見つかります。

*

競馬新聞の種類と競馬新聞を選ぶポイント

競馬のことだけを扱う専門的な新聞のことを競馬新聞と言います。その中でも専門誌とスポーツ紙に分かれ、専門誌は1部500円以上しますが、その分、調教時計や厩舎のコメント、データなどが充実しています。一方のスポーツ紙は1部130円、140円と値段設定が安い一方、馬柱に記者の印などの情報以外が限定的で、ほかのスポーツや芸能情報の紙面の兼ね合いもあり、一部のレースだけは詳しく取り上げられているものの、午前中のレースなどはあまり取り上げないといった差別化が行われています。

関西で人気の優馬・ブック

競馬新聞の専門誌には様々な種類があります。関東関西で満遍なく人気を集めているのが優馬です。優馬は2場開催であれば24レース、3場開催であれば36レース全ての馬柱、調教時計、厩舎コメントなどを掲載しており、全レースで予想したい人のほとんどが優馬を手にして競馬予想を行っています。関西で絶大な人気を誇るのが競馬ブックです。競馬ブックの印でオッズが変わるほど、関西では競馬ブックの記者の印がオッズを左右します。また、調教時計が細かく書かれており、調教時計を予想のファクターにしたい人にはおすすめです。2場開催の際は全レースの情報が掲載され、3場開催の時は第3場だけが別売りとなります。

関東で人気の競馬エイト

全国的に根強い人気を誇るのが競馬エイトです。G1はすべて日曜日に行われており、地上波で放送されるフジテレビ系列の競馬番組では競馬エイトの記者が毎週のように登場します。その関係で競馬エイトが人気を集めています。先ほどの2つの競馬新聞と違い、関東であれば関東全レースと関西の特別レースといくつかのレースぐらいしか掲載されず、情報量は少し少ないのが欠点です。しかし、調教欄で評価された馬がよく走るなど、調教に関する視点と記者の思い切った予想が威力を発揮することもあり、そうしたことが根強い人気の要因となっています。

専門誌とスポーツ紙、メリットとデメリット

専門誌のメリットは圧倒的な情報量であり、スポーツ紙のメリットは手軽に手に入れることができるところにありますが、デメリットは、そこまで詳しく情報が載っていてもわからない場合には専門誌を買ってももったいないですし、反対に情報を求めたいときにスポーツ紙は少なすぎます。

圧倒的な情報量をメインにするのか、記者の印だけを見て決めるのか、あとは自分自身の予想ファクターをどうしているのかといった観点でどの競馬新聞を選ぶべきか、決まっており、できれば同じものを長期的に購入することが求められています。

専門誌やスポーツ紙など、競馬新聞に名前が出る競馬予想家や関係者の情報が掲載。競馬予想におすすめのサイトで情報を集めましょう。

公開日:
最終更新日:2016/04/14